悩み解決

転職をする勇気がないと悩むあなたへ

2020年6月24日

 

転職をしたいけれど、勇気が出ない

あなたはそんなふうに悩んでいませんか?

私の周りには、今の会社に不満があって転職をしてみたいなと考えているけれど、なかなか一歩を踏み出す勇気が出ない、という人が何人かいました。

転職したいけれど勇気が出ない、とお悩みの方は、以下の2種類が原因になっていることが多いのではないかと思います。

  1. 自分が退職すると、今の職場に迷惑がかかると考えてしまう
  2. 自分に自信がなく、内定をくれる会社がないんじゃないかと考えてしまう

本記事では、上記のような考えでお悩みを持つ方へ、私なりの回答をご紹介します。

 

 

今の職場に迷惑がかかると考えてしまうあなたへ

転職をして自分が辞めてしまうと、今の職場に迷惑がかかってしまうので、なかなか転職活動をする一歩が踏み出せない、とあなたは考えていませんか

転職をしようと決意した人であっても、職場の同僚などに対して、多かれ少なかれ罪悪感を感じたことがある人が多いのではないかと思います。

私も、転職活動をしていた時は、職場でベテランの先輩が2人退職されたばかりということもあり、ただでさえ人手不足の状況で自分が辞めるのは申し訳ないなと思っていました。

 

ただ、それでも転職をしようと決めたのは、

自分の一度きりの人生を、こんな嫌な仕事の時間で占めてしまっていいの?と考えたからです。

仕事に不満があると、その他のプライベートの時間にも影響してしまう場合が多いです。

例えば、家族や友人に会社の悪口ばかり言ってしまったり、一緒に過ごす時間が作れなかったり・・・

また、ずっとストレスを抱えていると、いつか体調に出てくる可能性もあります。

 

あなたが会社を辞めることになって、職場の方に負担が一時的に大きくなったとしても、それはあなたのせいではありません。会社のせいです。

また、迷惑をかけないように、と職場の方を最優先に考えて、あなたまでずっと辛い日々を送る必要はないです。

 

もちろん、退職する際には、なるべく職場に迷惑をかけないように、自分の役目は果たすべきです

例えば、事前に(できれば2か月前までには)職場に退職の意思を伝えること。

職場側でも、あなたがいなくなった後の準備がきちんとできるように、配慮することが大事です。

可能な限りきちんと引継ぎをして、退職する日まで自分の役目を果たすことを心がけましょう。

 

また、その他できることとしては、職場の状況が少しでも改善されるように、周囲に働きかけることが挙げられます。

私の場合は、退職の際に人事と面談する機会があったので、その時に職場の問題点を伝えました。

 

自分に自信がないあなたへ

あなたは、どうせ転職活動をしても内定をくれる会社なんてない、と考えてしまっていませんか

自分には、資格もないし、すごい経歴もないし・・・と考えて、転職活動を躊躇してしまう人もいらっしゃると思います。

私の周りでも、誰でもできるような仕事しかしてないから、どうせどこの企業も取ってくれないよ、

と言っている、私からするととても魅力的な方が結構いました。

 

しかし、転職はすごい経歴を持っている人だけができるものではありません

(もちろん、その方が有利な場面は多いかもしれませんが)

転職に大事なのは、自分がどういう人間なのかを分析できていることだったり、今までの職場でどんな気づきや学びがあったかを整理できていることだったりします。

また、何か問題があった時や失敗した時にどうやって向き合って解決したか、などの経験も大事です。

 

上記を整理することで、自分の長所や短所、何ができて何ができないのか、が見えてきます。

自分は何もできない、と考えている人でも、今までの経験を整理したり自己分析してみると、意外とそんなことなかったりします。

どんな人でも、仕事を始めたばかりの頃よりは、今の方ができるようになっていることが何かあるはずです。

一番大事なのは、できないことばかりに目を向けるのではなく、今自分に何ができるのかを考えることだと思います

それは人に自慢できるようなすごいことでなくても、小さなことだと感じることでも構いません。

 

スキルが足りないなと感じる場合でも、未経験でも募集している求人は意外とたくさんあります。

新しい職場で勉強をする、というスタンスでも良いと思います。

転職する前に、資格を取ってみたり、プログラミングの勉強をしてみたりすると、応募する企業の幅が広がって選択肢が増えるので、これを機に挑戦してみて自信をつけるのもアリです。

 

本当に転職するかどうかは転職活動をしてみてから考えればいい

転職をする勇気が出ない、という方に私が一番伝えたいのは、ひとまず転職活動をしてみてから考えればいい、ということです。

本当に転職をするかどうかは、転職活動の結果で判断すれば良いです。

また、内定をもらえるか不安な方も、ひとまず転職活動をしてみて、何か足りないスキルや経験があると思うならばそれを補うことを目標にしてみても良いです。

効率の良い転職をするためにも、まずは転職のプロである転職エージェントに相談してみるのをおすすめします

転職エージェントに相談すると、あなたの職務経歴などから転職活動を進めるアドバイスをくれたり、自分に合う求人を紹介してくれたりします。

自分の経歴でどんな求人に採用される可能性があるのかは、自分ではなかなか判断しづらいものです。

特に、仕事をしながらの転職活動の場合は、時間をいかにムダにしないかがカギになるので、転職エージェントを上手く活用することをオススメします。

 

まとめ

本記事では、「転職をしたいけれど、勇気がでない方」の原因として考えられる以下の2種類のお悩みについて、私なりの回答をご紹介しました。

  1. 自分が退職すると、今の職場に迷惑がかかると考えてしまう
  2. 自分に自信がなく、内定をくれる会社がないんじゃないかと考えてしまう

-悩み解決

© 2020 IT転職で理想の人生をつかめ!