キャリア プロフィール

私がUターン転職に成功した話【2回目の転職】

2020年7月15日

 

本記事では、Uターン転職に成功した体験談をお話しします。

私は福岡生まれですが、就職をしてからは配属先の東京で仕事をしていました。

そして数年働いた後、家庭の事情により東京で働いていた会社を辞め、地元の福岡にて就職活動をしました。

その結果、ホワイト500に認定されている企業で、特にストレスなく快適に働いています。

Uターン転職を考えている方はぜひ最後までお読みください。

 

 

Uターン転職とは何か

まずは、Uターン転職とは何かについて説明します。

Uターン転職とは、自分の生まれ育った地元のエリアから、都会のエリアへ進学または就職した後に、再び地元のエリアへ転職することを指します。

私の場合は、福岡で生まれた後、東京へ進学するために引っ越しをしました。

そしてそのまま新卒で就職した会社で東京の拠点へ配属となったため、社会人になってからも東京に住んでいました。

1回目の転職の後も、東京の会社で働いていました。

その後、2回目の転職にて、地元の福岡にて内定をもらい、Uターン転職に成功することとなります。

 

ちなみに、Uターン転職に似た言葉として、Iターン転職やJターン転職というのも転職のパターンとして存在します。

Iターン転職とは、都会で生まれ育った人が、そのままその土地で就職した後、地方に転職して働くことを指す言葉です。

また、Jターン転職とは、地方で生まれ育った人が、都会へ進学または就職のため移住し、その後自分の地元とは違う地方のエリアで働くことを指す言葉です。

Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職のいずれも、最終的には地方で働くことを目的としています。

 

私がUターン転職をした理由

私は本記事でお話ししているUターン転職の前にも、転職を経験しています。(これが1回目の転職です。)

1回目の転職は、今でもして良かったなと心から思えるものであり、年収170万円アップと、尊敬できる同僚に囲まれ充実した日々を過ごしていました。

しかし、家庭の事情があり、とても悩んだ挙句、福岡へ移住し転職をすることに決めました。

 

私が1回目の転職をした時の話が詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

関連記事私がセールスエンジニアからITコンサルタントに転職した理由【1回目の転職】

続きを見る

 

Uターン転職をした時の転職活動の様子

Uターン転職をするにあたって、東京で働いていた会社を辞めて福岡の実家へ戻りました。

通常、転職をする際は、リスクを低減するために、会社に勤めている間に転職活動をする、というのが1番オススメとなります。

しかし、私は会社を辞めてから福岡へ行き、そこから転職活動を始めました。

それは、家庭の都合もあり、東京の会社へ働きながら福岡の会社へ面接に行く、という余裕がなかったからです。

また、家庭の事情という、福岡で働きたい理由がきちんとあるので、転職の面接でもその理由を面接官に伝えられれば、特に不利にならないという自信がありました。

 

福岡に来てから、転職エージェントに2つ登録して面談をしてもらい、より私の希望にそう求人を紹介してくれたエージェントさん1つに絞って、転職活動を本格的に開始しました。

20社ぐらい応募して、書類に通ったのが6社ぐらいでした。

書類の通過率としては、1回目の転職よりも低かったです。

最終的に3社から内定をもらい、今の会社に行くことに決めました。

 

Uターン転職のメリットとは

私が実際に経験してみて感じた、Uターン転職のメリットは以下の2つです。

 

Uターン転職のメリット2つ

1、通勤ラッシュが緩和される

2、家賃が安い

 

1、通勤ラッシュが緩和される

どんな良い会社で働いてたとしても、都会であれば、毎日の満員電車にストレスを感じている人が多いのではないでしょうか。

私の場合は、福岡にUターン転職しましたが、メリットとして1番に思いつくのは通勤が楽だということです。

通勤や帰宅の時間帯は、他の時間に比べて電車やバスは混んではいますが、それでも人と接触しないで立てるぐらいのスペースは確保できるくらいの混み具合です。

都会の満員電車に慣れている人にとっては、かなり快適だと感じると思います。

もちろん、転職する場所にもよると思いますが、都会と比べて通勤ラッシュが緩和される可能性は高いのではないでしょうか。

 

2、家賃が安い

都会と比較すると、地方の方が家賃の相場が安くなります。

東京23区内だと1人暮らし向けのマンションでも、安くても1ヶ月7~8万円することがありますが、

地方だと3~4万円でも条件の良い物件が借りられることもあります。

そして、家賃が安いので、会社のすぐ近くに家が借りられるというメリットもあります。

都会だと、会社の近くのエリアは家賃が高いことが多い印象ですが、地方だとそもそもの家賃の相場が安いです。

そのため、通勤が楽になるというメリットもあります。

ちなみに、私は歩いて通勤しています。

 

まとめ

本記事では、私がUターン転職をした時のお話を紹介しました。

Uターン転職をしたいなと考えている方の参考になれば幸いです。

 

-キャリア, プロフィール

© 2020 IT転職で理想の人生をつかめ!