転職ノウハウ

IT転職成功のための4ステップとは?【転職を考えている人必見!】

2020年6月5日

 

初めての転職で、何をしたらいいかわからない・・・

転職を成功させるには、何に気をつけたらいいの?

そのような疑問を持っている人がいらっしゃるのではないでしょうか。

転職を成功させるためには、転職の流れを頭に入れ、事前にしっかり準備をすることが大事です。

ちなみに、ここでいう『成功』とは、「転職して良かった!」と心から思える状態になることです。

つまり、自分にとって「転職して良かったと思える状態」とは何なのか、転職活動をする前にきちんと人に説明できるくらいになっていなければいけません。

「仕事を辞めたい」と考えている人は、仕事を辞めたい理由を解消するために、本当に転職が最適なのかどうかも含め事前によく検討する必要があります。

本記事では、転職をするかどうかの意思決定も含め、「して良かった!」と思う転職をするためにやるべきことを、初めての方にもわかるよう4ステップで解説しています。

人生における大事な決断なので、少しでも転職を考えている人は、ぜひ最後まで読んでください。

こんな方におすすめ

  • 転職しようと考えている人
  • 転職しようかどうか迷っている人
  • 転職活動をしているけれど、なかなか選考が進まない人
  • 今の会社を辞めたいと考えている人

 

 

ステップ1:現状を棚卸し、転職するかどうかを検討する

ステップ1では、今の会社と自分自身の現在の状況を棚卸しして整理し、本当に転職するかどうかを検討します。

そのためには、まずは次の3つを行う必要があります。

転職前に行う3つのこと

  1. 転職をしたいと思っている理由(会社を辞めたい理由)を整理
  2. 上記1で整理した理由のうち、今の会社で解消するとしたらどんな方法があるかを整理
  3. 上記2で整理した解消方法のうち、実行できるものを実行する

 

1.転職をしたいと思っている理由(会社を辞めたい理由)を整理

まずは、あなたが転職をしたいと思っている理由、もしくは会社を辞めたい理由を整理します。

今の会社にどんな不満があるのか、今の会社では叶えられないことは何かを考えてみてください。

例えば、勤務地や仕事内容、給料、残業時間、職場環境、人間関係、裁量の度合い、将来性などが挙げられると思います。

 

2.上記1で整理した理由のうち、今の会社で解消するとしたらどんな方法があるかを整理

次に、1で挙げた、あなたが転職をしたいと思っている理由、もしくは会社を辞めたい理由を、今の会社で解消するとしたらどんな方法があるかを整理します。

実際に自分が実行するかどうかは考えず、少しでも解消する可能性のある方法について列挙してみます。

もし解消する方法が全くない場合は、今の会社がどう変われば、あなたが転職をしたいと思っている理由を解消できるかを考えてみてください。

例えば、勤務地については、希望の勤務地に自分の会社の拠点がある場合は、上司に異動できないか相談してみるなどです。

仕事内容、残業時間についても、上司に相談することで、担当業務を変えてもらったり、異動できるように動いてもらったりできるかもしれません。

上司のパワハラで悩んでいる人は、社内のコンプライアンス相談センターに相談してみる、などがあると思います。

 

3.上記2で整理した解消方法のうち、実際に実行できるものはないか検討

次に、2で挙げた、あなたが転職をしたいと思っている理由、もしくは会社を辞めたい理由を、今の会社で解消する方法のうち、自分が実際に実行できるものはないか検討します。

そして、実行します。

それでも解消できない&実行できるものがないのなら、転職活動をすることを決断してみましょう。

ちなみに、内定をもらった後に退職交渉をする必要がありますが、その際に、「希望の部署に異動させるから」「これからは残業が少なくなるようにするから」など、様々な引き止めに合う可能性があります。

せっかく時間を作って転職活動をしたのに、上司の引き止めで転職をやめるのは、非常にもったいないです。

ですので、今の会社でできることは、転職活動前にやってしまいましょう。

もしも、自分ひとりでは判断ができない、という場合は、転職のプロである転職エージェントに相談してみるのも選択肢のひとつです。

仕事について思いつめている状態で、転職するかどうかを1人で決断すると、視野が狭くなっていてより良い判断ができない可能性が高いので、特に誰かに相談するのを強く薦めています。

ただし、相談する相手として、職場の同僚は避けた方が良いです。

転職の意向は、内定をもらって退職交渉するまでは、職場に知られない方が良い場合がほとんどです。

とりあえず、転職エージェントに相談してみよう、という方もステップ2に進んでください。

 

ステップ2:転職の準備をする

転職活動をすることを決断したら、次に転職の準備を開始します。

ステップ2では、転職の準備のためにやるべきことを解説します。

書類作成

転職するにあたって、企業に提出する書類としては、履歴書職務経歴書があります。

もしも転職エージェントへ登録する場合も、必要になってくる可能性が高い書類です。

自分の経歴やスキルの棚卸しを行い、書類を作成してください。

書類の具体的な記載方法については、後ほど記事にまとめる予定です。

 

転職エージェントへの登録

転職を行う方法はいくつか種類があります。

企業の採用ページから直接応募する方法、転職サイトから応募する方法、転職エージェントを利用する方法、ハローワークを利用する方法などです

なお、本サイトでは、私が実際に使用した、「転職エージェントを利用する方法」を薦めています。

転職エージェントを利用するメリットは以下です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職やキャリアのプロに相談しながら転職活動を行うことができる。
  • 条件に合う企業を随時紹介してもらえる。
  • 推薦状を書いてもらえる。
  • 履歴書や職務経歴書を添削してもらえる。
  • 応募手続きを代行してもらえる。
  • 面接日程の調整を代行してもらえる。
  • 質問や交渉を代行してもらえる。

正直、メリットばかりなので、転職エージェントを使わない手はないと思います。

私も、将来また転職活動することがあれば、確実に転職エージェントを利用します。

 

ステップ3:転職活動をする

転職の方法が決定したら、実際の転職活動に入っていきます。

企業への応募、面接について解説します。

応募

自分の条件に合う企業を探し、応募します。

応募の方法は、転職活動の方法により変わってきます。

履歴書と職務経歴書や、その他の企業が要求する書類を提出し、選考が行われます。

 

面接

無事に書類が通ったら、面接に入ります。

面接以外に、Webテストや筆記試験が行われるところもあります。

面接前には、自己紹介、自己アピール、転職理由、志望理由は、絶対にスムーズに答えられるように準備しておきましょう。

 

ステップ4:内定獲得、退職、入社

内定を獲得した場合、内定を承諾するかどうかを決めます。

内定を承諾した後は、退職や入社手続きに入っていきます。

 

まとめ

本記事では、IT転職成功のための4ステップについて解説しました。

あなたの転職が成功するよう、心から応援しております!

 

-転職ノウハウ

© 2020 IT転職で理想の人生をつかめ!